薬師寺慈恵病院:介護職未経験求人

  • ☆介護支援専門員取得者の求人多数。

    ☆正社員・派遣社員・パート・アルバイト・勤務形態も選べます。

    ☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

    ☆理学療法士取得者の求人多数。

    ☆ご自宅から近い職場を探せます!


    薬師寺慈恵病院では介護職員が足りません!
    雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
    就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
    まず、あなたの希望をお話下さい!

    カイゴジョブ申込み

薬師寺慈恵病院の概要

         
郵便番号 〒719-1126
住所 岡山県総社市総社1丁目17-25
電話番号 0866-92-0146
施設形態 病院
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。
薬師寺慈恵病院の求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。

カイゴジョブ申込み

あなたのやる気をきちんと聞いて全力でサポートします。

一緒に、面接で話す内容を整理しましょう

1【1】再就職にあたって、譲れないことは何でしょうか。(希望・条件)

  • ご主人の扶養内でお仕事したい。
  • 子供が小さいので5時までがいい。
  • 保育園や家から近い方がいい。
  • 福利厚生がしっかりしているところがいい。
など様々だと思います。

【2】次に、介護施設で働く意欲は何でしょうか。(動機・目標・提供できるもの)

  • おじいちゃん、おばあちゃんが今まで生きてきた経験にふれて、これからの人生を楽しくするためのサポートがしたい。
  • お給料がいいこと。
  • 経験が積んで、資格が取れるようになりたい。
  • 研修が充実していて、知識をたくさん学べること。
  • 現場の雰囲気がアットホームでぎすぎすしていないこと。
  • 施設長の介護に対する考え方に共感できること。
  • これからますます必要となる介護について学んで、将来は自分の施設を作りたい。

一緒に、両立できる就職先を探しましょう。

介護施設と一口に言っても、多くの種類がありますね。
それに、同じデイサービスと言っても、仕事内容はたくさんあります。
先ほど考えた、【1】あなたの希望を叶え、【2】意欲を発揮できる施設はどこでしょうか。

4人に1人は65歳以上

現在は4人に1人は65歳以上と言われるほどの高齢化社会であり、各市町村でも様々な介護サービスなどの提供を実施または検討されています。

しかし、介護などを必要とする人の数に比べると介護職に携わる人の数はまだまだ不足しているのも現状です。

また介護に携わる職業の資格取得をすることで介護の質の向上も目指す為、ホームヘルパーや介護福祉士、ケアマネージャー、看護師などの有資格者が必要になります。

中でも介護の司令塔の役割をもつケアマネージャーの求人はハローワークの求人情報でもよく目にします。

一人一人にあったケアプランを作成し、どのような介護が必要か常に考え、そのプランに従ってヘルパーや介護福祉士が介護する為とても重要な立場にあるのがケアマネージャーです。

高い介護知識を必要とするこの職業は資格も新しいためまだまだ人手不足なことも現状なのです。

その為求人情報誌などで各介護施設ではケアマネージャーの求人をして有能な人材を求めています。

ケアマネージャーは大変な職業ではありますが、現代の社会問題関わり非常にやりがいのある職業です。

介護の転職・就職を全力でサポートします。

一緒に、面接で話す内容を整理しましょう

【1】再就職にあたって、譲れないことは何でしょうか。(希望・条件)

  • 福利厚生がしっかりしているところがいい。
  • ご主人の扶養内でお仕事したい。
  • 子供が小さいので5時までがいい。
  • 保育園や家から近い方がいい。
など様々だと思います。

【2】次に、介護施設で働く意欲は何でしょうか。(動機・目標・提供できるもの)

  • 研修が充実していて、知識をたくさん学べること。
  • 現場の雰囲気がアットホームでぎすぎすしていないこと。
  • 施設長の介護に対する考え方に共感できること。
  • これからますます必要となる介護について学んで、将来は自分の施設を作りたい。
  • おじいちゃん、おばあちゃんが今まで生きてきた経験にふれて、これからの人生を楽しくするためのサポートがしたい。
  • お給料がいいこと。
  • 経験が積んで、資格が取れるようになりたい。

希望条件・意欲を叶えるパート求人、必ず見つかります。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

検索数の多い介護施設TOP10

このページの先頭へ