ハーブ内科皮フ科/グループホーム:介護職未経験求人

  • ☆退職金制度がある求人で安心です。

    ☆賞与年2回で交通費も全額支給の求人多数あります。

    ☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

    ☆ハローワークの求人も検索できます!

    ☆ヘルパー2級取得者の求人多数。


    ハーブ内科皮フ科/グループホームでは介護職員が足りません!
    雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
    就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
    まず、あなたの希望をお話下さい!

    カイゴジョブ申込み

ハーブ内科皮フ科/グループホームの概要

         
郵便番号 〒470-2206
住所 愛知県知多郡阿久比町大字横松字宮前67
電話番号 0569-48-9074
施設形態 グループホーム
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。
ハーブ内科皮フ科/グループホームの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。

カイゴジョブ申込み

転職するときの心得

転職とは、あなたの何かしらの要望をかなえるための行為です。
その要望は「仕事内容」「やりがい」「待遇」「地位」「勤務時間」「研修・教育 体制」「福利厚生」など人それぞれです。
大切なことは、転職活動を始めるにあたり自分の要望は何なのか、その要望は現在の職場では満たされないものなのか、ということを最初に整理して考えることです。

整理が出来たら、その要望を満たすのはどこかという観点で活動を行っていきましょう。
転職活動をしていく過程で、早く転職したいと思うあまりに転職をすることが目的になり、本来の自分の要望を見失ってしまうということがよくあります。

転職はあなたの今後の働く環境を大きく変えることになります。活動をする上で自分の要望の優先順位をキッチリつけて客観的に整理することが、本当の意味での転職成功のポイントとなります。

ホームヘルパーの求人

ホームヘルパーとは今、日本全国で年々需要が伸びて来ている介護に関係するお仕事です。

ホームヘルパーの求人は無料仕事情報誌や、インターネット上にあるお仕事情報サイトから簡単に探すことができ、お仕事情報を見ると、今お住まいの都道府県から必ずと言っていいほど募集されているのが目に付きます。

都市近郊はもちろん、閑静な住宅街などでも幅広い場所でのお仕事が可能で、ご自宅へ向かい、料理や洗濯などを代行するお仕事のほかに、特別養護施設や老人保健施設といった生活を行う施設に出向き、ご入居されている方のお世話をするお仕事もあります。

ホームヘルパー求人は利用者様どうし、カラオケやホームゲームなどを通して交流を目的に通われるデイサービスセンターや、小規模多機能といった生活基本動作のリハビリに重点を置いた施設、入居されているご利用者様が料理や洗濯を協力して日々の生活を送るグループホームなどジャンルは多岐にわたります。

全国都道府県で幅広く募集があるので気軽に応募できる所がホームヘルパーの求人の強みです。

パートで介護職につくメリット

  • 介護の知識が身に付く!

    今後は、親の介護もしないといけなくなります。その時に必要な知識や技術を身につけることができるのは嬉しいですね。
    例えば、認知症予防や、対応など、知らないと精神的苦痛や負担が大きくなりがちです。暴れや徘徊の知識があっても、「本人の性格が変わった」のではなく「病気によるものであって、本心ではない」と分かり、親や自分を責めなくていいと気づくことで、日々の精神状態が大きく変わり穏やかに過ごせます。

  • 人生の先輩から学ぶことがたくさんある!

    利用者さんたちが今まで生きてきた価値を考えながら仕事をすることで、自分の生き方の気づきがたくさん得られます。仕事にとりくんでいる時間は、できるかぎりの笑顔と福祉の気持ちで、自分のベストを尽くす。そうすると、たくさんの学びが見つかります。

  • 経験を積むことで、キャリアアップが目指せる!

    まずは介護職員初任者研修の資格をとって、働きながら「介護福祉士実務者研修→介護福祉士」とステップアップしようと考えている人が多いようです。
    厚生労働省今後のキャリアパスに沿って働いて、お子さんが大きくなったときに資格が取れるように準備をするのもおすすめです。
せっかくですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設でパート勤務したいですよね。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

検索数の多い介護施設TOP10

このページの先頭へ