青森クリニック女性転職求人【福祉施設介護職未経験求人.】

☆看護師取得者の求人多数。☆ハローワークの求人も検索できます!

☆ヘルパー2級取得者の求人多数。

☆育児支援制度がある求人が多くあなたの時間で働けます。

☆准看護師取得者の求人多数。


青森クリニックでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



青森クリニックの概要

郵便番号 〒038-0011
住所 青森県青森市篠田1丁目9-11
電話番号 (代) 017-783-2222
施設形態 病院
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

青森クリニックの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



福祉施設介護職未経験求人.

☆看護師取得者の求人多数。☆ハローワークの求人も検索できます!

☆ヘルパー2級取得者の求人多数。

☆育児支援制度がある求人が多くあなたの時間で働けます。

☆准看護師取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



40歳以上の介護士・ヘルパーの転職・就職求人情報!

このサイトでは、年齢を気にせず介護士・ヘルパーの求人情報を探せます。
紙の求人票やインターネット検索で公開される求人情報だけではなく、好待遇の非公開求人情報もご紹介して、あなたの介護職への転職・就職に役立つ情報を提供します。

40代以上だとハロワで就職・転職活動は難しい?

40歳以上になると、ハロワでの介護職・ホームヘルパーのお仕事探し大変ですよね。

40代以上だと、就職・転職活動が久しぶりという方も多いと思います。

就職・転職活動をすべてを1人でやらないといけないとなると、不安ですよね。

・ハローワークの介護の求人情報は、自宅でもインターネット検索できます。でも、そのためには1度ハローワークで手続きをしないといけません。

・しかも、応募する時には、またハローワークまでいかないといけません。

・求人を見つけて応募しようとすると、また番号札を取って順番を待って・・。紹介状をいただいて・・・と待ち時間だけでもかなりを要します。

・履歴書の書き方、面接の仕方のセミナーは開催されていますが、「介護」に特化したものではありません。

これでは時間と労力がかなり奪われてしまいます。

就職先で力を出したいのに、就職活動で力を吸い取られる感じがしていませんか。

40歳代は要注意!紙の求人情報では介護施設の雰囲気は分からない!

ハローワークの求人票から、どれだけの情報が分かるでしょうか。

40歳代以上なら、なるべく最後の職場にしたい・・という方も多いと思います。
その場合、希望条件は、スタッフの人柄、施設の雰囲気、施設長がスタッフをどれだけ大事にしているか、というソフト面を優先したいですよね。

しかし、求人票からはソフト面は読み取ることができません。

唯一、面接をするときのわずかな時間でのみ、わずかな情報を入手できます。
ですが、面接の前に知っておきたいですよね。

ハロワにはない情報満載!介護士・ヘルパーの好待遇・高給料の求人情報はここにある!

40歳代、50歳代におすすめの好待遇・高給料の求人情報を探す場合、2つの方法があります。

1、求人サイトに登録して、ハローワークにはない情報を見る。

無料の求人サイトに登録して、希望条件等を入力して情報を検索、見合う求人を見つけたら応募する、という流れです。
1人で求人情報を検索したい方、お急ぎではない方におすすめです。

2、転職・就職支援サイトに登録して、転職エージェントと一緒に就活や転職をする

ソフト面の情報が欲しい時は、介護業界で長年転職・就職活動やパート・アルバイト探しのサポートをしているプロに相談してみるのが一番早く、適切な情報が入ってきます。
また、求人情報の提供だけでなく、面接の指導や、就職後のフォローまでしてくれます。
就活や転職を急いでいる方、一生の職場を探している方、慎重に選びたい方におすすめです。

おすすめの、求人サイト、転職支援サイトはこちらで紹介しています



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 家族に反対されるほど重労働だった
  • 退職補充がなく仕事が増えすぎた
  • 年収が低いのに耐えられなくなった
  • 給料が安くて将来が不安になった

転職の理由が「研修制度のしっかりした職場で働きたい」「契約社員として働きたい」「オープニングスタッフとして立ち上げから参加したい」「ボーナスが出る施設で働きたい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「福祉施設介護職未経験求人.」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●病院・診療所で介護がしたい。

●土日が休みの介護の仕事がしたい。

●高齢者向け住宅で働きたい。

●有給休暇が有る施設に勤めたい。

●介護施設で看護師として働きたい。

●機能訓練指導員のライセンスを活かしたい。

●未経験者歓迎の施設を探している。

●管理栄養士の仕事を施設でしたい。

●皆勤手当てがある職場を探している。

●育児休暇ある施設で働きたい。

という希望なら

☆看護師取得者の求人多数。☆ハローワークの求人も検索できます!

☆ヘルパー2級取得者の求人多数。

☆育児支援制度がある求人が多くあなたの時間で働けます。

☆准看護師取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



介護・福祉のお仕事内容

ホームヘルパー、施設介護職、ケアマネジャー、生活相談員など、介護・福祉に関する職種はさまざまあります。職種によって仕事内容が異なりますが、意外と曖昧な理解のまま過ごしてしまっていることも多いようです。
それぞれ職種によって必要な資格も異なりますので、介護・福祉の主な職種をご紹介します。

介護職・ホームヘルパー(介護士、介護スタッフ、ホームヘルパー、サービス提供責任者)

介護職・ホームヘルパーの仕事内容は、お年寄りや身体が不自由な方の身のまわりのお手伝いや、日常生活のサポートがメインとなります。具体的には、掃除、洗濯、食事、入浴、排泄、移動など、生活全般の援助をしています。

活躍の場は、在宅介護されている方の自宅、老人ホーム、ケアハウス、デイサービス施設などさまざまです。

直接身体に触れる介護(身体介護)をする際には、ホームヘルパー2級以上、もしくは介護職員初任者研修 修了以上の資格が必要となります。

老人ホームやデイサービスなどでは、無資格でも働ける場合があります。無資格で可能な仕事をしてもらいながら、介護職の資格を取得してもらい、取得次第、仕事の範囲を広げるというやり方をしている施設であれば、無資格での就職・転職も十分可能です。

学歴や過去の職歴よりも、仕事に対する知識と技術、前向きな姿勢、意欲、責任感、人間性などが重要視され、ご自身の心身の健康体調管理、体力維持も必要となる職業です。

※「ホームヘルパー2級」は2013年3月末でなくなり、代わりに新たに「介護職員初任者研修」という制度が導入されました。

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャーは、正式には「介護支援専門員」といいます。

専門的な立場から、「ケアを受ける側」と「ケアを提供する事業者」の間に立ち、個々のケースを理解しつつ諸事情を検討した上で、ケアプランの作成を行います。

事業者によるサービスが適切に提供されているかなども定期的に検証し、必要に応じて見直しを行うなど、いわば介護のコーディネーター的な役割です。

専門知識の他に、簡単な文章や表が作れるようなパソコンのスキル、さらにはご自宅や施設などを訪問する機会が多いので運転免許があれば望ましいです。

介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格を取得するためには、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、医師、保健師、看護師、作業・理学療法士等の業務従事者、もしくは介護業務従事者として指定日数従事した人が介護保険、保健医療、福祉分野の受講試験に合格して実務研修終了した後に、都道府県から資格登録されてはじめてなることができます。

生活相談員・営業関係職

介護業界での営業関係職は、介護事業、施設運営、事業所などを側面からバックアップ、サポートする役割を担っています。営業の具体的な仕事内容には、入居者の獲得はもちろん、内外の情報収集、顧客情報の管理などをベースに今後の展開と目標を組織的、計画的に実施していく業務などがあります。

また、介護事業の中で社会福祉主事、社会福祉士のどちらかを取得している者は生活相談員になることができます。生活相談員は、援助相談員とも呼ばれており、利用者とその家族との面談や面接、連動する機関との連絡や調整、入居者、利用者の生活面でのお手伝いまでその仕事は広範囲に及びます。




パート求人に強い、おすすめサポート

「初めてで、正直ちょっと不安・・・」という方へ

介護職専門の求人サイトでは、全国の病院や介護施設の採用担当者と継続的かつ、密に情報交換をしています。 また、ただ情報を蓄えるだけでなく、定期的に現場に足を運び、そこで実際に働いている介護職員さんから生の現場の情報を集めています。

そのため、インターネットや雑誌に掲載されている求人情報からは分からない、中身の濃い情報を事前に確認したうえで、応募するかどうかの判断ができます。
だからこそ、後悔のない、納得の転職が実現できるのです!

ただ求人を紹介するだけでなく、転職のプロとして、面接対策から給与・待遇面での条件交渉、円満退社の為のフォロー、転職後のアフターサポートまで、あなたの大切な転職を二人三脚でバックアップしてくれます。

今すぐに転職をしたい訳ではない・・という方も登録だけでも大丈夫です。まずは情報収集だけでもどうぞ。

紹介した求人に実際に応募するか否かは求職者さまのご判断となります。 そのため、必ず応募しなければいけないということはありませんのでご安心下さい。

「面接が苦手なので面接対策などをしてほしい・・」という方へ
面接が決まりましたら、「転職成功の秘訣」レポートを皆さんに贈呈しております。また、専任コンサルタントとの面談では、面接対策についてのご相談も承っています。遠方で、面談が難しい求職者さまには、お電話によるサポートも行っておりますので、面接対策はメドフィットへお任せ下さい。
転職サポートのお申込みから、転職成功まで一切料金はかかりません。

ハローワークの求人4万件 と 介護ジョブ限定求人2万件をまとめて探せます!
雇用形態(正社員・パート) × 資格 × 住んでいる地域 など、細かく検索できて、希望条件に合う求人情報が検索しやすい!

求人情報は、ハローワークなどの紙媒体に比べ、充実した内容を掲載しています。
転職先を決めるにあたって、給与や勤務条件などの表面的な要素のみならず、 その職場で働くスタッフの声や、実際の職場風景写真など様々な要素を元に検討出来ます。




介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?




青森県:福祉・介護人材確保定着グランドデザイン

基本理念

福祉・介護サービス事業所において「より魅力ある職場づくり」を進めることで、従事者がやりがいと誇りを持って働くことができる良質な雇用の場の増加と福祉・介護サービスの安定的な提供を進め、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせる青森県を目指します。

1:福祉・介護事業者(=組織)の目指す姿

○経営理念・目的が明確で、組織全体に共有されている。
○介護報酬等の改定があっても十分に対応できる安定した経営基盤を持っており、業務の規模や内容に見合う人材の採用・確保も着実に行われている。
○適材・適所の人事配置が行われており、円滑な人事異動が可能な一定規模の組織体制が確保されている。
○職員の資格や能力に応じた組織的な人材育成・サポート体制が確保されている。
○明るく風通しの良い組織で、現場から経営陣まで円滑にコミュニケーションが行われており、業務改善に取り組む風土が形成されている。

2:福祉・介護従事者(=人材)の目指す姿

○やりがいと誇りを持って働き、日々の仕事に満足を覚えている。
○利用者にとっての満足や価値を考え、職員相互に業務の運営・改善に常に努めている。
○良好なチームワークの構築に自らが関わっている。
○上司から指示・指導を適時・適切に受けている。
○職責・業務内容に見合った評価・待遇(賃金含む)を得ることができている。
○将来の見通しを持つとともに、ライフステージに応じた多様な働き方や、柔軟な休暇取得等により、結婚・出産・育児・介護等をしながら働くことができる。
○意欲・能力に応じて、資格取得等によるキャリアアップができる。

3:県民理解の拡大

○福祉・介護に関する県民の理解が進み、福祉・介護業界のイメージが向上する。
○福祉・介護業界への新規入職者及び再就業する潜在的有資格者が増える。
○地域に開かれ必要とされる福祉・介護サービス事業所として、地域社会からの期待と信頼が高まる。



施策の体系

参入促進

(1)理解促進とイメージアップ
○福祉・介護の魅力発信
○福祉・介護に触れる機会の提供

(2)多様な人材の参入促進
○新卒者の参入促進
○介護福祉士等養成施設ルートの参入促進
○既卒者(未経験者、潜在的有資格者)の参入促進

(3)人材採用への取組
○求職者が必要とする情報の積極的な公表
○採用活動の強化

労働環境・処遇の改善による定着促進

(1)事業所情報、人材確保・育成の取組の「見える化」推進
○介護サービス事業所認証評価制度の実施
○社会福祉法人調査の実施等による事業所情報の公表推進

(2)雇用管理改善の推進
○仕事と家庭を両立しながら働き続けることのできる環境づくり
○明確な給与体系の構築、賃金水準を含めた勤務環境の整備

資質の向上

(1)キャリアパス整備の推進
○キャリアパス制度、キャリアパス支援の仕組みの整備と周知

(2)職員の意欲・能力に応える育成体制の整備
○新任職員育成体制の整備
○職員の資格取得の支援、研修受講の促進



就職・転職コラム

あなたの周辺の人には「自分の好きなことが一目瞭然の」人はいませんか。そんな人こそ、企業が見た場合によい点が目だつ人間になるのです。
第二新卒⇒「新卒で就職したものの短期間で退職した若年の求職者(一般的には25歳程度まで)」のことを表す言葉。現在では数年で離職してしまう新卒者が目に余るようになってきたので、このような新しい表現が誕生したと想像がつきます。
厳しい圧迫面接で、底意地の悪い問いかけをされた際に、うっかり怒ってしまう人がいます。気持ちに同調はしますが、あけっぴろげの感情を表に出さずにおくのは、社会における基本事項といえます。
例えば運送といった業種の面接試験の場合、せっかくの簿記1級の資格を取っていることをアピールしても全然評価されないのであるが、逆に事務の人のときであれば、高い能力をもつとして期待してもらえる。
今よりもよりよい給料そのものや就業条件がよい企業があったとして、あなたも別の会社に転職を志望しているのであれば、未練なくやってみることも重要でしょう。

いくら社会人とはいえ、状況に応じた敬語を使っている人はむしろ少ないのです。というわけで、社会人なのであればただの恥と言われるだけなのが、面接で間違えると決定的(この時点で不合格)に働いてしまうことが多いのです。
面接と言われているものには絶対的な正解がないわけで、どこがどのように良かったのかといった合否基準は企業が違えば変わり、同一の会社でも面接官ごとに全然異なるのが現況です。
はっきり言って退職金は、自己都合による退職だったら会社にもよるのだが、会社都合の場合ほどはもらうことができませんので、とにかく転職先を確保してから退職しよう。
面接選考で、どういったところがダメだったのか、ということを指導してくれるような懇切な企業はまずないので、求職者が改良すべき部分を検討するのは、難しいことです。
満足して業務に就いてもらいたい、多少なりとも良い給与条件を進呈してあげたい、ポテンシャルを向上させてあげたい、育ててあげたいと雇う側でも感じてします。

会社というものは、全ての労働者に全利益を戻してあげてはいないのです。給与と評価して現実的な労働(社会的な必要労働)は、なんとか現実的な労働の半分以下がいいところだ。
本当のところ、日本の素晴らしい技術のかなりの割合のものが、大企業ではなく、中小企業の小さな町工場で生まれています。サラリーだけでなく福利厚生も十分なものであるなど、調子の良い企業だってあります。
まさに未知の番号や非通知設定の電話から電話された場合、不安を感じる思いは理解できますが、なんとか我慢して、第一に自分の方から名前を告げるべきです。
仮に成長企業とはいえ、明確に就職している間中揺るがない、そういうわけではありません。ですからそこのところは十分に情報収集が不可欠。
結論としましては、ハローワークなどの就職紹介で仕事を決めるのと、普通の人材紹介会社で入社を決めるのと、二つを並走していくのがよい案だと感じられます。