ツクイ/青森浜館福祉介護求人【急募!介護職未経験求人.】

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆育児支援制度がある求人が多くあなたの時間で働けます。

☆非公開求人多数掲載。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。


ツクイ/青森浜館では介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



ツクイ/青森浜館の概要

郵便番号 〒030-0947
住所 青森県青森市浜館2丁目13-7
電話番号 017-765-3880
施設形態 デイサービス
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

ツクイ/青森浜館の求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



急募!介護職未経験求人.

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆育児支援制度がある求人が多くあなたの時間で働けます。

☆非公開求人多数掲載。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



介護職員とケアマネージャーの確保

少子高齢化社会が問題とされている現在ですが、それに伴い介護に対する問題も増えてきています。

夫婦共働きの家庭が増える中で、家にご老人を1人で置いておくというのは不安が残りますよね。

1人暮らしの老人も増え、孤独死などの問題も増えてきています。

そうした問題が増えてくる中、各都道府県では介護施設を多く建設しています。

介護職員の人材不足も叫ばれていますが、ケアマネージャーの求人も施設の増加に伴い増えていっています。

施設が増えるのはいいことなのですが、介護職員はもちろん、その利用の架け橋となるケアマネージャーも必要とされています。

介護福祉施設では介護職員の求人と並行し、ケアマネージャー求人にも力を入れているわけです。

これから高齢化がますます進む中、介護福祉施設の増設だけでなく、介護職員、ケアマネージャーの確保とまだまだ課題が残されているようです。

逆をいえば、その方面の仕事を目指している方には、今後活躍の場が増えるということになります。

この機会に介護員、ケアマネージャーを目指してみてはいかがでしょうか。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 残業が多くて体力の限界だった
  • 先輩の給料を知って将来が不安になった
  • 職場の人間関係が面倒くさかった
  • 休みが取りづらく家族に迷惑をかけていた

転職の理由が「研修制度のしっかりした職場で働きたい」「契約社員として働きたい」「オープニングスタッフとして立ち上げから参加したい」「ボーナスが出る施設で働きたい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「急募!介護職未経験求人.」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●家事代行スタッフとして働きたい。

●運転免許を活かして送迎ドライバーの仕事がしたい。

●土日が休みの介護の仕事がしたい。

●キャリアアップ手当の支給がある施設が希望。

●土・日・祝日の合計日数をシフトで取得したい。

●未経験者歓迎の施設を探している。

●サービス付き高齢者向け住宅で働きたい。

●デイサービスの求人を探している。

●居宅介護支援で仕事がしたい。

●老人保健施設に就職したい。

という希望なら

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆育児支援制度がある求人が多くあなたの時間で働けます。

☆非公開求人多数掲載。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。

コチラがおすすめです!



介護・福祉のお仕事内容

ホームヘルパー、施設介護職、ケアマネジャー、生活相談員など、介護・福祉に関する職種はさまざまあります。職種によって仕事内容が異なりますが、意外と曖昧な理解のまま過ごしてしまっていることも多いようです。
それぞれ職種によって必要な資格も異なりますので、介護・福祉の主な職種をご紹介します。

介護職・ホームヘルパー(介護士、介護スタッフ、ホームヘルパー、サービス提供責任者)

介護職・ホームヘルパーの仕事内容は、お年寄りや身体が不自由な方の身のまわりのお手伝いや、日常生活のサポートがメインとなります。具体的には、掃除、洗濯、食事、入浴、排泄、移動など、生活全般の援助をしています。

活躍の場は、在宅介護されている方の自宅、老人ホーム、ケアハウス、デイサービス施設などさまざまです。

直接身体に触れる介護(身体介護)をする際には、ホームヘルパー2級以上、もしくは介護職員初任者研修 修了以上の資格が必要となります。

老人ホームやデイサービスなどでは、無資格でも働ける場合があります。無資格で可能な仕事をしてもらいながら、介護職の資格を取得してもらい、取得次第、仕事の範囲を広げるというやり方をしている施設であれば、無資格での就職・転職も十分可能です。

学歴や過去の職歴よりも、仕事に対する知識と技術、前向きな姿勢、意欲、責任感、人間性などが重要視され、ご自身の心身の健康体調管理、体力維持も必要となる職業です。

※「ホームヘルパー2級」は2013年3月末でなくなり、代わりに新たに「介護職員初任者研修」という制度が導入されました。

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャーは、正式には「介護支援専門員」といいます。

専門的な立場から、「ケアを受ける側」と「ケアを提供する事業者」の間に立ち、個々のケースを理解しつつ諸事情を検討した上で、ケアプランの作成を行います。

事業者によるサービスが適切に提供されているかなども定期的に検証し、必要に応じて見直しを行うなど、いわば介護のコーディネーター的な役割です。

専門知識の他に、簡単な文章や表が作れるようなパソコンのスキル、さらにはご自宅や施設などを訪問する機会が多いので運転免許があれば望ましいです。

介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格を取得するためには、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、医師、保健師、看護師、作業・理学療法士等の業務従事者、もしくは介護業務従事者として指定日数従事した人が介護保険、保健医療、福祉分野の受講試験に合格して実務研修終了した後に、都道府県から資格登録されてはじめてなることができます。

生活相談員・営業関係職

介護業界での営業関係職は、介護事業、施設運営、事業所などを側面からバックアップ、サポートする役割を担っています。営業の具体的な仕事内容には、入居者の獲得はもちろん、内外の情報収集、顧客情報の管理などをベースに今後の展開と目標を組織的、計画的に実施していく業務などがあります。

また、介護事業の中で社会福祉主事、社会福祉士のどちらかを取得している者は生活相談員になることができます。生活相談員は、援助相談員とも呼ばれており、利用者とその家族との面談や面接、連動する機関との連絡や調整、入居者、利用者の生活面でのお手伝いまでその仕事は広範囲に及びます。




希望通りのパート介護求人を見つけるには

介護職のパートを探す際のポイントとしては・・・

・研修や介護についての教育システムがあるか
・ブランクや未経験者への指導はあるか
・育児との両立、勤務時間などライフスタイルに応じた働き方ができるのか
・資格取得支援制度などあるのか

施設によっては、子育て中の職員を対象に、子供手当というのもあります。この他にも、自分が働く上での必要な事もしっかりと確認しておくようにしましょう。

ただ自分で探す場合、求人の詳細などを見ても簡単な説明しか掲載されていないため、いざ応募してみると「求人内容と違っていた」という事も少なくありません。

そのような事態を防ぐには事前の情報収集が大切ですね。そのためには介護職専門のサイトなどに登録するという方法もあります。

介護士求人サイトなら介護の専門に精通しているので、求人紹介施設の種類も豊富にあり、専任のコンサルタントが求人紹介や面接の調節などサポートしてくれますので、それはメリットといえます

小さい子供がいる場合、残業なし、土日休み、急な発熱でも休めるのか?など自分では直接言いづらい、わがままな条件もコンサルタントが施設側と交渉・確認してくれます。

このように、仕事を探す方法は色々とありますが、直接施設に質問しづらいことがあるケースほど、介護の専門サイト求人に無料登録をして就職活動を進めるほうが、ご自身の負担が少なくて済みます。より良い条件で働くことができれば、仕事に対する意欲も断然高まります。

こうした介護求人の人材紹介会社は、完全無料で利用できます。介護士パート求人でお仕事探しをされている方は、一度相談されてみてはいかがでしょうか。




介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。




青森県:福祉・介護人材確保定着グランドデザイン

基本理念

福祉・介護サービス事業所において「より魅力ある職場づくり」を進めることで、従事者がやりがいと誇りを持って働くことができる良質な雇用の場の増加と福祉・介護サービスの安定的な提供を進め、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせる青森県を目指します。

1:福祉・介護事業者(=組織)の目指す姿

○経営理念・目的が明確で、組織全体に共有されている。
○介護報酬等の改定があっても十分に対応できる安定した経営基盤を持っており、業務の規模や内容に見合う人材の採用・確保も着実に行われている。
○適材・適所の人事配置が行われており、円滑な人事異動が可能な一定規模の組織体制が確保されている。
○職員の資格や能力に応じた組織的な人材育成・サポート体制が確保されている。
○明るく風通しの良い組織で、現場から経営陣まで円滑にコミュニケーションが行われており、業務改善に取り組む風土が形成されている。

2:福祉・介護従事者(=人材)の目指す姿

○やりがいと誇りを持って働き、日々の仕事に満足を覚えている。
○利用者にとっての満足や価値を考え、職員相互に業務の運営・改善に常に努めている。
○良好なチームワークの構築に自らが関わっている。
○上司から指示・指導を適時・適切に受けている。
○職責・業務内容に見合った評価・待遇(賃金含む)を得ることができている。
○将来の見通しを持つとともに、ライフステージに応じた多様な働き方や、柔軟な休暇取得等により、結婚・出産・育児・介護等をしながら働くことができる。
○意欲・能力に応じて、資格取得等によるキャリアアップができる。

3:県民理解の拡大

○福祉・介護に関する県民の理解が進み、福祉・介護業界のイメージが向上する。
○福祉・介護業界への新規入職者及び再就業する潜在的有資格者が増える。
○地域に開かれ必要とされる福祉・介護サービス事業所として、地域社会からの期待と信頼が高まる。



介護推進戦略(資質の向上)

資質の向上

介護推進戦略

(1)将来の見通しを持って働き続けるためのキャリアパス整備を推進します。
(2)未経験者でも本人の意欲・能力に応じてキャリアアップができる環境を整備します。

取組・具体的施策

(1)キャリアパス整備の推進
○キャリアパス制度、キャリアパス支援の仕組みの整備と周知
(2) 職員の意欲・能力に応える育成体制の整備
○新任職員育成体制の整備
○職員の資格取得の支援、研修受講の促進


就職・転職コラム

「自分が現在までに育んできた手際や特殊性を有効活用して、この業務に就きたい」というように自分にからめて、とうとう面接の相手にも理路整然と受け入れられるのです。
面接の際には、絶対に転職の理由について質問されるだろう。「どのように考えて退職したのか?」に関しましては、企業の担当者も非常に興味のある事項です。そのため、転職した理由を準備しておくことが大前提となります。
会社を選ぶ視点というものは主に2つあり、ある面ではその会社の何に興味があるのか、あるものは、自分はどんな職業について、どういったやりがいを享受したいと考えたのかという所です。
その担当者があなたの熱意をわかってくれているのかいないのかを眺めながら、十分な「対話」ができるようになったら、どんどん採用の可能性も出て来るのではありませんか。
総じて、公共職業安定所などの就職斡旋で就業するのと、私設の人材紹介会社で就職を決めるのと、共にバランスを見ながら進めるのがよい案ではないかと思われるのです。

気持ちよく業務をしてもらいたい、わずかでも良いサービスを認めてやりたい、将来性を呼びおこしてあげたい、スキル向上させてあげたいと雇っている方も思い巡らしているのです。
圧迫面接というもので、底意地の悪い質問をされたりすると、何気なく立腹する人がいます。同感はできますが、気持ちを表さないようにするのは、社交上の基本事項です。
いわゆる企業は社員に対して、どれほど優良な条件で勤めてくれるのかと、最も早く会社の具体的な収益アップに続く能力を、活用してくれるのかといった事だけを待ち望んでいます。
現在の会社よりも年収や就業条件が手厚い会社が見つかったような場合に、あなたがたも転職することを望むのであれば、こだわらずに決断することも大事なものです。
自らが言いたい事柄について、上手な表現で相手に伝達できなくて、幾たびも後悔を繰り返してきました。現時点からでも自分自身の内省に手間暇かけるというのは、今はもう出遅れてしまっているでしょうか。

就活というのは、面接を受けるのは応募した自分です。また試験に挑むのも本人だけです。けれども、たまには、先輩などに相談するのもいいでしょう。
どんな苦境に至っても大事な点は、自らを信心する気持ちなのです。疑いなく内定が取れると信念を持って、自分らしい一生をダイナミックに進みましょう。
面接試験と言うのは、応募者がどういう人物なのかをチェックすることが第一義ですので、原稿を上手に暗記して話すことが必須なのではなく、誠心誠意話しをしようとする努力が大事だと考えます。
面接の際気を付けてもらいたいのは、印象なのです。長くても数十分しかない面接では、あなたの本当のところはつかめない。そんな理由もあって、採否は面接試験における印象が決め手になっていると言えそうです。
内々定というのは、新規学卒者の選考等における企業と企業の倫理憲章(取り決め)に、正式に内定するのは、10月1日以降とすると決定されているので、それまでは内々定という形式にしているのです。